雑学

ヒカキンの猫「まるお」の品種って何?値段や耳の特徴まとめ!

ヒカキンの猫「まるお」の品種って何?値段や耳の特徴まとめ!

人気Youtuberヒカキンの飼っている猫「まるお」が子猫の時から動画に映りかわいいと話題をよんでいました。

まるおを見て同じ猫を飼いたいと思った人もいるんじゃないでしょうか。

ヒカキンの飼っている猫の品種や値段など特徴を探ってみました。

ヒカキンの猫「まるお」の品種

ヒカキンの飼っている猫は「スコティッシュフォールド」といいます。

特徴は・・・

折れ曲がった小さな耳
ふくろうのような丸い顔
性格もおとなしく飼いやすい

として長い間人気を集めています。

アニコム損害保険株式会社が毎年発表する「人気の猫品種ランキング」でも12連覇を達成するほどの人気ぶり。

名前の由来は、「スコットランドの折りたたまれた物」という言葉からきていて、スコットランドが語源となっています。

1960年代初頭に発見された耳の折れた猫をベースにブリーディングが繰り返され誕生した、比較的歴史の浅い猫種です。

まるものたれ耳について

まるもの耳のように、スコティッシュフォールドの大きな特徴は、たれ耳

実は、生まれたころは立ち耳になっているのです。

2.3週間で徐々に垂れてくるのが一般だと言われています。

しかし、中には立ち耳の品種もいるそうで、こちらは「スコティッシュストレート」と言われます。

なぜたれ耳と立ち耳がいるかというと、交配して作った品種なので遺伝がかかわり違いが生まれるそうです。

たれ耳は可愛いルックスになる反面、耳の病気になりやすいのも特徴です。

垂れてふさがってる耳は蒸れやすいので外耳炎など耳の病気に気を付けなければいけません。

定期的に声の反応による行動や耳のチェックをすることをお勧めします。

スコティッシュフォールド性格について

ヒカキンの猫「まるお」の品種って何?値段や耳の特徴まとめ!

スコティッシュフォールドの性格は、基本的に大人しい穏やかな猫です。

猫にしては、人懐っこい性格でしつけがしやすい「犬のような猫」と言われています。

人間の子どもとの相性もいいようです。

環境の変化にも強く、家族が大好きで、いつもいっしょにいたがる、との声も多数聞かれます。

他の猫に比べて運動量が少なく、成人になると体重に気をつけなければいけません。

大人しいというイメージは、あまり運動しないところからきてるのかもしれません。

ペットショップでの値段は?

スコティッシュフォールドの平均相場は大体が10万円~20万円程です。

ペットショップよりもブリーダーから直接飼う方が安いと言われていますが、それでも安くて10万円台です。

平均の相場なので、猫によってはかなり値が跳ね上がり、中には40万円近くなる場合もあります。

折れ耳のイメージが強いですが、実は割合は意外に少なく3分の1の確率。

つまり、「人気である反面、貴重な猫」ということで、折れ耳のスコティッシュフォールドは高価格になる傾向にあります。

まとめ

今回はヒカキン飼っている猫「まるお」の品種の特徴を調べてみました。

ヒカキンの飼ってる猫は、スコティッシュフォールド
性格が穏やかで飼いやすい
実耳の病気に注意してあげる

まるおを見ると猫を飼いたくなってしまいますね。

ヒカキンさんが発信することで、猫だけでなくすべての動物においてですが、命あるものなので動物への責任と愛情が広がるといいですよね。