雑学

LINEの恋愛!駆け引きテク3選を提案!ツンデレやタイミングは?

LINEの恋愛!駆け引きテク3選を提案!ツンデレやタイミングは?

今回は
「LINEで恋愛」

をテーマに書いていきます。

LINEの既読スルー問題など
聞くほど
LINEが日常の精神にも
浸透してるように思います。

 

昔はメールでもあったように

LINEのやり取りでも
恋愛に活用できる見方はできないかということで

 

男性目線ですが、
男性側の考えもまじえて
まとめていきます。

基本女性に向けた記事となります

 

誰かのキューピットになれたらなぁ
ということで

すたーと(‘ω’)

 

LINEで恋愛!会話編

恋愛面で
LINEのコミュニケーションが
原因で悩む女性のかたは多いみたいです。

考えから言いますと
「重い」「めんどう」
「長い」「つまらない」

の印象は恋愛に良くないです。

男の嫌がる部分
「重い」「長い」

がよく当てはまるんじゃないでしょうか?

LINEは少しの気持ちでいい!?

LINEは
「情報や物事を伝える手段のツール」

あくまで道具にすぎないので

気持ちをのせすぎて
重たく長ーくなってませんか?

LINE=自分
ってなりがちに思います。

自分(本体)があって
LINE(道具)があるイメージです。

LINEで片思いの女性が
気持ちを伝えるために

ずらーと長い文を送りますが
男性には逆効果だと。

気持ちわかってーの
スタイルは
うまくいかないことが多いです。

これ伝えてもいいかなぁ
こういう言い方のほうが見てくれるかなぁ

と考えてるときは

LINEに自分が
のめりこんでしまってる~!

って思って
一旦落ち着くのがよいかと思います。

LINEの既読スルーがきになる!

LINEの恋愛!駆け引きテク3選を提案!ツンデレやタイミングは?

既読スルーを気にする女性は

頭の中は「好きな人」「彼」のこと
いっぱいタイプの人です。

相手がなにしてるか
気になりすぎて
自分が薄れています。

LINEに振り回されるだけになるので
注意が必要。

彼主体の恋愛ではなく
あなた(女性)主体の恋愛を
持つべきかと思います。

恋愛は盲目
LINEだけでなく
ダメ男にも振り回されることになりがちです

既読スルーが来たときは
相手を気にせず、

自分の好きなことができる時間
考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

LINEの駆け引き方法①

ツンデレのツン方法

・既読無視をあえてする
・時間差をつける
・短文を意図的にする

相手がどれくらい気にしてるかな
を計れる方法でもあります。

急にいつもの時間やスピードから
返事がずれると

男性としてはあれっ?
って気になるかと思います。

返事がむこうからくれば
作戦成功!

脈ありの証拠です。

メッセージを沢山送るのが押す方法なら
あえて返事をずらすのは、引く方法です。

スポンサーリンク

LINEの駆け引き方法②

・文頭にあえて名前を付ける方法

「〇〇君、おはよう」
「〇〇君、今度ご飯いこー」

とか

名前を呼ぶことで
人って親しみを感じてもらえます。

恋愛面だけでなく
ビジネスでも
ある程度の関係持つと使うのは
効果的です。

男性の立場から
女性に名前つけて呼ばれると

嬉しい気持ちにもなるし、
少し気になる女性からだと

好意あるかなって感じます。

異性だけでなく
色んな人に
好感をもってもらえるテクだと思います。

LINEの恋愛!駆け引きテク3選を提案!ツンデレやタイミングは?

LINEの駆け引き③

もひとつパターン

男性から気持ちや感情を表してきた時

攻め時です!

この場合だけ、
自分の気持ちをLINEにのせても
いいかと思います。

男性が表してくるときは同時に
あなたに興味がある証拠です。

この時に好意になる確率が
高いといわれてます。

まさにゴールデンタイム(‘ω’)
恋愛に発展しやすい条件だそう

合コンで気になる男性から
昨日たのしかったね

と感情の文がきたら

私も楽しかった♡
みたいなのおくると効果大です。

LINEで恋愛駆け引きのまとめ

今日のまとめ

・「重い」「長い」メッセージはタブー
・LINEに気持ちをのせすぎ注意
・既読スルーを逆手に使おう
・恋愛に発展するゴールデンタイムがある

今回は

「LINEでの恋愛術」

をまとめてみました。

 

まとめてて
自分も学生の
メール主流だったころ

 

好きな女性から
返事が返ってこなくなるだけで

また送ってみたり
待てないタイプでした。

 

僕の脳は女性なんかなと考えたり
昔は、恥ずかしいことしたな

って今は思います。

 

恋愛っていつの時代も複雑ですよね
皆さん、いい恋ができますように