心・気持ち

【悩み】緊張やあがり症の克服方法は?長所に変える考え方!

【悩み】緊張やあがり症の克服方法は?長所に変える考え方!

今回は、「緊張・あがり症」の克服がないのか経験をふまえ調べていきます

皆さん、される方も多く気になるコンプレックスの一種ではないでしょうか。

皆の前で発表や国語の本を順番に読んでいくのもガクガク、ドキドキ( ゚Д゚)

ひどい時なんか呼吸が・・・。

昔からコンプレックスで、改善したく試行錯誤してきました。

多少今でもしますが、昔よりかなりマシという感じになっています

そんな試行錯誤の内容を混ぜながら、気にされてる方の気持ちをやわらげればと思い書いていこうかと思います。

口下手をコンプレックスについても書いています
      ↓

あわせて読みたい
口下手はデメリットじゃない!メリットに変える思考を提案!
口下手はデメリットじゃない!メリットに変える思考を提案!話すのが苦手で、空回りしてしまうという「口下手」というコンプレックス。 密かに悩みを抱えていらっしゃる人も多いのではないでしょうか。 一...

スポンサーリンク

緊張する人・あがり症の人柄タイプ!

緊張しいの人に当てはまる人柄は、
大きく見ると

・真面目
・完璧主義
・周りの評価を気にしてしまう

が当てはまると思います。

全て最終は、ミスをしたらどうしようって考えに結びつくことが緊張の原因かもしれないですね。

上のタイプを見ても別に悪い面ではないですし緊張しやすい性質僕はいいほうだととらえます。

それは・・・

ちゃんと物事に向き合う人
周りを気にかけてくれる人
だと思います。

なので緊張することあがり症で上手くいかないとき、自分を責めないでください。



緊張する人・あがり症の長所、短所を調査!

【悩み】緊張やあがり症の克服方法は?長所に変える考え方!

<・緊張しやすい人の長所>

物事に対する集中力が高いことです。

失敗したくないから、事前の準備・シュミレーションもしイメトレ力があり、その際本番まで予定を立てる計画力もあるでビジネスでも成果や信頼につながります。

<・緊張しやすい人の短所>

「普段の自分が十分に出せない」

僕自身の考えですがこれに尽きるんじゃないでしょうか?

僕も幾度となくこれに悩まされました。

面接でもカラまわりしたり・・・
好きな人の前でも
しどろもどろに( ;∀;)

どんどん空回りループに陥ってへこむ・・・

て感じです。

相手にわかってもらえない、ここぞとばかりの機会を逃しちゃう。



緊張・あがり症を克服するには?My idea!

【悩み】緊張やあがり症の克服方法は?長所に変える考え方!

克服方法は、個人差があると思います。

僕自身は

開き直りに近い
考え方にありました。

脳を切り替えて見方を変えました

小学生の時は、手のひらに文字書いて飲み込んだり何度もイメトレして
部屋の中で演劇部みたいに一人芝居したりしました。

目の前の人たちは、人参だ、カボチャだの考えたり・・・

練習もして事前準備も大事だと思いますが「誰も失敗はする完璧な人間はいない」

だからミスしてもいいんだよ

自分が今まで力んでいたことに気づいて頭のねじを取りました

考え方を変えて自分を納得させました。

逆にそのほうが自分を出せて、周りを気にしなくなりました。

今までガチガチやったんだなーて今では思います。

もちろん、それでも緊張はしますが、でも程よい緊張です。

身体的に克服というより考え方にヒントがあると僕は思います。

脳が切り替わればあとは色んな人と接してコミュニケーションをとる練習をすると自信に変わってきます。

脳を切り替えスイッチ

場数練習

あくまで、僕の一例の経験です。
それぞれ人にあった方法があると思います。



緊張・あがり症のまとめ

【悩み】緊張やあがり症の克服方法は?長所に変える考え方!

今回「緊張する人・あがり症の克服法や長所・短所」について
書いてみました。

緊張することに悩んでる人っていっぱいいると思います。

一番悔しかったんは、やっぱり好きな人の前でしたね(笑)

カッコ悪い自分を見せてしまって全てが不自然(笑)

でも緊張しやすい人のポテンシャルは、見方を変えると素晴らしい能力なので是非、見方を変えて自信の一部にしてください!

今日のまとめ

・「緊張しい」は「緊張する」の関西弁

・緊張しやすい人は、メリットが意外に多いと思います!

・緊張しやすい自分を見つめて、力を抜いて

あわせて読みたい
口下手はデメリットじゃない!メリットに変える思考を提案!
口下手はデメリットじゃない!メリットに変える思考を提案!話すのが苦手で、空回りしてしまうという「口下手」というコンプレックス。 密かに悩みを抱えていらっしゃる人も多いのではないでしょうか。 一...


スポンサーリンク