雑学

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」って誰?意味は?歴史上の人物まとめ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」って誰?意味は?歴史上の人物まとめ

小栗旬さんが主演の
2022年大河「鎌倉殿の13人」

この13人について
まとめてみました。

歴史の勉強でも
この13人まで深堀はなかったので

13人の人物って誰だろうって
思う方もいるんではないでしょうか

キャストはまだですが
歴史上の人物はだれなのか


小栗旬さんの義時や頼朝以外
どういった人物か書いていきます。




大河「鎌倉殿の13人」の意味は?

タイトルの
鎌倉殿というのは

鎌倉幕府将軍のこと
です

初代将軍は源頼朝
2代目、頼家
3代目、実朝


頼朝が幕府を開くのに
従えていた家臣は
13人いました。

その中で一番若かったのが
北条義時です。

物語は
この13人の家臣が
権力闘争を繰り広げていきます。


「鎌倉殿の13人」1人目・和田義盛

一人目は

「和田義盛」(わだよしもり)

頼朝に早い時期から家臣になる人物

弓の名手であり、
武勇においても御家人たちから
尊敬される存在

遠征から真っ先に帰ろうとしたり
足利氏と三浦氏が争ったとき

仲裁の立場でありながら
三浦氏側についたりと

職務に対して思慮に欠ける面があった
和田合戦では単純さと愚直さが
北条義時に利用され敗死することになる

「鎌倉殿の13人」2人目・大江広元

二人目は
「大江広元」(おおえの ひろもと)

初めは、朝廷に従える下級貴族(官人)だったが

のちに頼朝の側近となり
幕府を作るのに貢献した。

幕府ができるまで
重要ポジションを務めドラマとしても
見どころです。

幕府を勝利に導いた
功労者です。

78歳まで生きています。




「鎌倉殿の13人」3人目・三善康信

3人目は
「三善康信」(みよしの やすのぶ)

元々は
太政官の書記官役の下級貴族でした。

島流しをくらった
頼朝に月3度
京都の情勢を知らせていました。

源氏討伐の知らせを頼朝に知らせるなど
頼朝のサーポーター的存在

挙兵に大きく貢献した人物です。


「鎌倉殿の13人」4人目・北条時政

4人目は
「北条時政」(ほうじょう ときまさ)

北条政子と義時のお父さん

無名だった北条一族を一代で
鎌倉幕府の権力者に押し上げた人物


島流しをされた頼朝の監視役だったが
初代執権になったのが
なぜかもドラマでの見どころになりそうです。


最終幕府内でも印象がよくなく
孤立無援となり出家することになります。

「鎌倉殿の13人」5人目・北条義時

5人目は主演の
「北条義時」(ほうじょう よしとき)

ドラマのダークヒーロー的存在
時政の息子です

鎌倉幕府の
実質的な最高指導者となります。

梶原景時、比企能員、畠山重忠
城長茂、和田義盛
を滅ぼしていきます。

上皇3人を島流しも。

義時は、父に従わず頼朝側に残ります。

頼朝が生前中は、
特に目立つことはないですが

亡くなってから頭角を
めきめき出していきます。


大河ドラマ「鎌倉殿の13人」って誰?意味は?歴史上の人物まとめ

「鎌倉殿の13人」6人目・梶原景時

6人目は
「梶原景時」(かじわら かげとき)

石橋山の戦いで
頼朝を救ったことから重宝される人物です。

頼朝からの信頼も厚く
義経を滅ぼした
悪人ともされています。

力あるものには、へこへこし
力ないものには高圧的な態度をとる
性格の持ち主です




「鎌倉殿の13人」7人目・比企能員

7人目は
「比企能員」(ひき よしかず)


源頼朝の乳母である
比企尼の甥にあたります。

頼朝の信頼も厚い人物です。

治承・寿永の乱を通じて活躍し
奥州合戦では北陸道の大将軍を務めています。


「鎌倉殿の13人」8人目・足立遠元

8人目は
「足立遠元」(あだち とおもと)

頼朝の兄、
義平と共に戦い17人騎士のうちの一人

京武者として
京の生活や風習にも詳しい

武将でもでありながら
文官素養も持ち合わせていたので

他とは違う異彩の人物です。

「鎌倉殿の13人」9人目・安達盛長

9人目は
「安達盛長」(あだち もりなが)

頼朝と北条政子の仲を取り持った
重要人物です。
(愛のキューピット?)

頼朝からの信頼もあり、御家人の中でも
中核的なポジション

頼朝がプライベートで
家を訪れるほどの信頼関係の持ち主

京の町では知人が多く顔がひろい

生涯で官職につくことは
ありませんでした。

「鎌倉殿の13人」10人目・二階堂行政

10人目は
「二階堂行政」(にかいどう ゆきまさ)

鎌倉時代幕府の官僚

武士ではなく公家、高家であり
御家人にはなっていないが

朝廷や幕府に対して
絶大な影響力があった人物です。

「鎌倉殿の13人」11人目・中原親能

11人目は
「中原親能」(なかはらの ちかよし)

こちらのかたも
武士出身ではなく公家の人です。

政治となると
武力だけでなく頭脳も必要なため
公家出身が重要視されていたかもしれません

実務官吏として頼朝に
重用されていいますが


平家追討や奥州合戦にも参加していて
武士的な面も持ち合わせています

朝廷との交渉役に
起用されることが多く

交渉上手だったかもしれません

「鎌倉殿の13人」12人目・三浦義澄

12人目は
「三浦義澄」(みうら よしずみ)

源頼朝の挙兵初期から加わり
壇ノ浦、奥州の戦いで活躍した武士

幕府内では
とても高い地位についていた存在です。

頼家の代で、
十三人合議制の一人になります。

そして
三浦市、三浦半島の由来は
この一族からです。



「鎌倉殿の13人」13人目・八田知家

13人目は
「八田知家」(はった ともいえ)

頼朝の父、義朝の落とし子という説も。
正式な血統の一族として
みなされていないので

系図には記載されていないことが多い人物

東海道大将軍にも命じられるなど
戦の腕もあった人物


のちに茨城県にある小田城を築いています

鎌倉殿の13人まとめ

今回は
「鎌倉殿の13人」って誰について
まとめました。

決してメジャーな人物と言えるわけでは
ありませんが

武将として
優れた人物が多く

それぞれの人物特徴を知ったうえで
大河ドラマを見るのも

展開にハマりそうですね。


まだキャスト人が
決まっていませんが

どの俳優さん役者さんが抜擢されるのか
楽しみです。