雑学

ワイヤレスイヤホンに最小&軽量の最新型が登場!1.3gのおすすめ

ワイヤレスイヤホンに最小&軽量の最新型が登場!1.3gのおすすめ

今回はなんと世界最小で軽量

ワイヤレスイヤホンの情報
見つけました。

その名も
「GRAIN」

まだ開発中ですが
しっかり
メイドインジャパンの商品です。

ワイヤレスイヤホンが
ここまできたか
という

最新型です。

このGRAINについて
特徴や性能を探ってみました。

ワイヤレスイヤホンに最小&軽量の最新型が登場!「GRAIN」とは?

ワイヤレスイヤホンに最小&軽量の最新型が登場!1.3gのおすすめ

耳栓よりも小さい
世界最小のワイヤレスイヤホン
「GRAIN」

片側わずか1.3gという軽さです。

値段は
標準価格27200円

開発元企業は
BATTLES DESIGNと
岡田製作所からの共同開発

こちらは
クラウドファンドで資金集めされ
発売に至りました。

・BATTLES  DESIGN
「プランニング」「デザイン」「エンジニアリング」「プロモーション」を幅広く手掛ける企業。ワイヤレスイヤホン系が主軸

・岡田制作所
モノ作りの大切さやチャレンジ精神を大事にするベンチャー企業。
今回のGRAINが商品第1号となる

余計なものをつけない
誰でもわかるシンプル性を重視

充電ケースのバッテリーは
大手ドイツメーカー

それ以外の
開発・生産・組み立て・検品を
国内製造にこだわりぬいた
イヤホンです。

そして
男女関係なく
誰の耳にも合うカタチを考えられて
開発されています。

ワイヤレスイヤホン「GRAIN」の特徴

ワイヤレスイヤホンに最小&軽量の最新型が登場!1.3gのおすすめ

「GRAIN」には
小さいだけではないんです。

(8つの特徴)

・世界最小で軽量

直径10mm以下、長さも、20mm以下
指先よりも小さいを実現。
(SDカードとmicroSDカードの間ぐらい)
耳の部位を圧迫しないという利点

そして、1円玉3枚よりも軽い

・余計なボタンが一切ない
余計な部品がなく無駄のない構造。
ケースから出すと自動でペアリング

・小さいながらも高音質(専用超小型ドライバー内蔵)
フルレンジダイナミック型シングルドライバー方式採用
GRAIN専用に設計され最適化

・音質や低遅延に優れる(Qualcomm aptX audio対応)
aptX搭載したスマホやプレーヤで
遅延が少なく高音質再生が可能。
aptX非対応機器にも最新のDSPを駆使した
音質チューニングにより音質を維持

・最新Bluetoothチップ搭載
音質、通信品質、低消費電力が格段に向上している
米クアルコム社の QCC3026を搭載

・最新TWS Plus対応
(音が途切れにくいワイヤレス規格)
左右のイヤホンから同時接続で電力消費のかたよりをふさぐ
対応機器が必要で現在検証中とのこと

・耐水性
水没はNGだが、多少の水がかかるのはOKの仕様に

・持ち運びケースも小型
カプセルのようなケースで開けると自動で
イヤホンが持ち上げられ取り出しやすい

小型なのに
どうやってこんなしっかり構造を作れるのか

つくづく日本人の
細かな技術には関心させられますね

僕もこれかなりほしい商品です。

ワイヤレスイヤホン「GRAIN」の仕様

通信方式

Bluetooth ver.5.0(Qualcomm QCC3026)

対応コーデック

SBC、AAC、aptX

対応プロファイル

A2DP
本体再生時間最大約3時間(充電ケースとあわせて約7.5時間)
本体充電時間約1時間(フル充電)
バッテリー容量イヤホン片耳19mAh   充電ケース60mAh
スピーカーφ4mmダイナミック型
再生周波数帯域20Hz~20000Hz
防水性能IP×4相当の耐水性能(水没不可)
本体寸法

w18.5× D9.5× H9.5(mm)/充電ケースW75.5×D19.0 ×H19.0

本体重量イヤホン片耳1.3g  /  充電ケース20g

付属品

イヤースピーカー(大小サイズ)、充電クレードル、USBケーブル、取り扱い説明書県保証書

ワイヤレスイヤホン「GRAIN」まとめ

今回は
最新のワイヤレスイヤホン
「GRAIN」
の情報を探ってみました。

クラウドファンディングから
生まれてる商品なので

今後メジャー商品として
出回るのかわかりません。

生産が追いついて市場に出回るなら
確実に他の商品と

差別化ができる
強みを持ってるので

話題になること間違いないと思います。