音楽

<関ジャム出演>岡村靖幸って誰?プロフ紹介!知らない人も多い!?

<関ジャム出演>岡村靖幸って誰?プロフ紹介!知らない人も多い!?

岡村靖幸さんが毎週日曜日の関ジャム・完全燃Showに出演します。

最近の世代の人たちになると知ってる人は少ないのではないでしょうか?

音楽界では岡村靖幸さんをリスペクトするアーティストたちが多い、ミュージシャンのなかのミュージシャンです。

あまりメディアに出ることもなく謎の正体ですが、カリスマ性や天才肌といわれアーティストの信用も厚い人物です。

今回は、そんな岡村靖幸さんについて情報を探っていきます。

岡村靖幸って誰?

<岡村靖幸のプロフィール>
名前:おかむら やすゆき
ニックネーム:岡村ちゃん
生まれ:兵庫県神戸市
誕生日:1965年8月14日
血液型:B型
学歴:新潟県立新潟東高等学校中退
職業:シンガーソングライター、ダンサー、音楽プロデューサー

数多くのアーティストに作曲家としてかかわったあと、1986年に「Out of Blue」で自身もアーティストデビューしました。

レコーディングは、すべての楽器を自分で演奏し、ブラックミュージック・ロック・歌謡・ポップスなど多彩なジャンルを昇華し、カリスマ性を発揮しています。

将来なにになるか迷い、可能性のないものからチャレンジししようと、19歳のときにレーコード会社にデモテープを持っていき作曲家としてデビュー。

普通の人なら可能性あるものから選びがちですが、可能性のないものからとは個性的です。

生み出される歌詞は、青春や恋愛ものの独特なもので、圧倒的な支持を得ています。

<オリジナルアルバム>
・Yellow
・Date
・靖幸
・家庭教師
・禁じられた生きがい
・Me-imi
・幸福
をリリースしています。

個性派シンガーソングライターとされ、パフォーマンスの評価も高いダンスも特徴の一つ

ギターは、OvationのSuper Adamasを愛用。

若いころはルックスの良さとファンクな音楽性で「日本のプリンス」と呼ばれました。

岡村靖幸が支持される理由は?

岡村靖幸さんの持っている感性ではないでしょうか。

魅力的な音楽を生み出す能力が圧倒的です。

作る曲は独特な世界を持っていますし、曲によってはきわどかったり、ピュアなものだったり

普段言いたくても言えない想いや妄想てきなことも、ヒトとしてどんな人も持ってるであろう感情が共感を呼んでいます。

そして、作曲家としてもアーティストたちから人気の岡村さん

<岡村さんが提供したアーティスト>
・渡辺美里・吉川晃司・川本真琴・鈴木雅之・CHARA・Sophia
・デーモン小暮・HALCALI・桜塚やっくん・一青窈・在日ファンク
・Base Ball Bear・花澤香菜

DAOKOとコラボした曲

ダンスもキレキレで才能がうらやましい

岡村靖幸さんのカリスマ性は、あのミスチル桜井さんやドリカムの吉田さんもファンになっています。

まとめ:岡村靖幸って誰?

今回は岡村靖幸さんについて紹介しました。

ファンや同業者たちからも人気の秘密は、独特な世界観を生み出す曲作りと、共感を得るメッセージ性の強い歌詞が魅力で惹きつけるのかもしれません。

今となっても昔の曲を聴くと、どこか斬新さが感じられるのが不思議です。

現在でも変わらずキレキレのダンスは見どころでもあります。

もう岡村さんは50代ですが、これだけパワフルな音楽をうみだせるのはさすがです。

今でも根強いファンがいて、現代の音楽性に引けを取らない岡村靖幸さんなので、これから聴くって人は是非チェックしてみてください。