メディア

ハピナンデス喋らなくなったのなぜ?声いらないと不評すぎたから?

ハピナンデス喋らなくなったのなぜ?声いらないと不評すぎたから?

2022年4月から登場したハピナンデスがいつのまにか喋らなくなって疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

どうやら「ハピナンデスいらない・うるさい」と視聴者からも不評だったのが原因のようです。

マスコットキャラ自体は可愛いのですが、喋り方の面で視聴者も気になってしまうというプチ炎上が起きていました。

以下では喋らなくなった詳しい理由やSNSでの反応をまとめました。

 

 

 

ハピナンデスが喋らなくなった理由は?

ヒルナンデスの番組に突如あらわれた新キャラ「ハピナンデス」

いつの間にか喋らなくなり口数が少なくなったのは、視聴者の不評が理由のようです。

嫌われてしまった意見として多かったのが以下の3つ

・VTR中や映ってないときに入ってくる声が不快
・うるさい
・キャラと共演者のトークの間がひどくテンポがあってない

不評が番組側にも届いてしまったのか、ハピナンデスも気にかけ大人しくなってしまったようです。

ハピナンデスの公式ツイッターのプロフィールを見ると、

静かなの苦手でつい喋りすぎてごめんナンデス・・・

となっており少し可哀相にも思えてきます。

SNSで不評の声続出?

キャラは凄く可愛いのに喋りがやはり不評のようです。

確かに初めの頃の視聴した時は、よく喋り少しうるさいなという印象。

出演者とのトークの間も一瞬ぎこちない雰囲気になってしまってたのも感じました。

まとめ:ハピナンデス喋らなくなったのなぜ?声いらないと不評すぎたから?

今回は、ハピナンデスがいつの間にか喋らなくなった理由について書きました。

ネットでは喋りや声がうるさいと不評で、ハピナンデスにも視聴者の意見が届いていたのが原因でした。

ハピナンデスの公式ツイッターでも謝罪をしているほど。

しかしキャラのかわいいさは好評ですし、キレのあるダンスも披露して少しづず人気は回復しているようです。

今後の人気回復を温かい目で見守りましょう。