メディア

EH-NA0GとEH-NA9Gの違いを比較!オススメなのは?

EH-NA0GとEH-NA9Gの違いを比較!オススメなのは?

パナソニックの人気商品であるヘアードライヤーのナノケアEH-NA0GとEH-NA9Gの違いを比較してみました。

「どんなところに性能の違いがあるの?」
「品番がほぼ一緒だけどなにが違う?」

という疑問を本記事で解説しています。

違いの結論

・EH-NA0Gの方が上位モデル
・EH-NA0Gの方が2倍の高浸透ナノイー&ミネラル
・EH-NA0Gの方がUVケアが2倍
・EH-NA0Gの方が風量パワーがある
・EH-NA0Gの方が少し重い
・カラーバリエーションの違い

などざっくり一言でいうと、EH-NA0Gの方が上位モデルという違いになります。

以下の記事では、EH-NA0GとEH-NA9Gの詳しい違いを調べ解説しています。

また、どちらがどんな人におすすめなのかもお伝えしていきます。

パナソニックEH-NA0GとEH-NA9Gの違いは?

以下、EH-NA0GとEH-NA9Gの違いの比較表です。

違いの部分にマーカーを引いています。

 EH-NA0GEH-NA9G
ナノイー&ミネラル高浸透ナノイー&ミネラルナノイー&ミネラル
ミネラルマイナスイオン◎(従来の2倍)
風量(ターボ時)1.5㎥/分1.3㎥/分
uvカット〇(従来の2倍)
髪の脱色抑制×
搭載モード・温冷リズムモード
・インテリジェント温風モード
・スカルプ(地肌)モード
・スキンモード
・毛先集中ケアモード
・温冷リズムモード
・インテリジェント温風モード
・スカルプ(地肌)モード
・スキンモード
・毛先集中ケアモード
重さ約595g約575g
電源・電圧AC100V 50-60HZAC100V 50-60HZ
カラーバリエーション3色(ディープネイビー、モイストピンク、ウォームホワイト)2色(ゴールド、、ピンクゴールド )
値段(メーカー価格)29700円(税込)19800円(税込)
発売日2021年9月2021年9月

EH-NA0Gは上位モデルとなっています。

気になる性能面の搭載モードは変わらずですが、ナノイー、UVカット効果の質や風量がパワーアップしました。

以下でさらに具体的にみていきます。

違い①EH-NA0Gの方が高浸透ナノイー&ミネラル

参考元:パナソニック

EH-NA0Gでパワーアップされた高浸透ナノイー&ミネラルは、

従来のナノイーに対して水分量18倍に増加

 

ナノイー機能は、髪を乾かしつつも、水分を発生し髪をしっとりさせてくれる効果。

EH-NA9Gよりも髪の内側までしっかり浸透するということです。

 

高浸透に髪のキューティクルへも倍の水分量を届けることで

・カラー材の脱色抑制
・ダメージ毛ケア

に働いてくれます。

違い②EH-NA0Gの方がUVケアが高い

参考元:パナソニック

EH-NA0Gは、高浸透ナノイーの相乗効果による2倍の「UVケア効果」が期待できます。

ナノイー&ミネラルのマイナスイオンが増えたためUVケアも2倍に高まっています。

外出時の紫外線ダメージケアを、髪を乾かすと同時に行えるのも嬉しい。

違い③EH-NA0Gの方が風量がパワフル

参考元:パナソニック

2つの商品の風量の違いとして、

・EH-NA9Gの風量:ターボ使用時に1.3㎥/分
・EH-NA0Gの風量:ターボ使用時に1.5㎥/分

となります。

送風効率の改善により風量が上がり、乾燥スピードが20%アップ

その秘密は、送風の仕組みを見直されたことにより、まっすぐな風が出るように改良されているからです。

また、EH-NA0GとEH-NA9Gには「速乾ノズル」が付属し、強弱のある風を出すことができます。

風があたる髪の表面積を増やし、毛束をほぐしながら乾かすことができます。

違い④カーラーバリエーション

EH-NA0GとEH-NA9Gの違いを比較!オススメなのは?

持っていたい色にこだわる人は、以下のカラーバリエーションの違いにもチェックです。

EH-NA0Gのカラーは3種類
・「ディープネイビー」
・「モイストピンク」
・「ウォームホワイト」

EH-NA9Gのカラーは2種類

・「ゴールド」
・「ピンクゴールド」

EH-NA0GとEH-NA9Gの電気代も違う?

パナソニックの高めな家電なので電気代も高いのかなぁと思う方もいるかと思います。

EH-NA0GとEH-NA9Gの電気代を計算してみました。

結論として・・・

2つの消費電力量は同じで1日約5円(一人あたり)

 消費電力量(約)
EH-NA0G1200W(ターボ時・ホット時)
EH-NA9G1200W(ターボ時・ホット時)

髪の長さで変わると思いますが、

ドライヤーを長く使用する一般的な時間帯の「お風呂上り」で1日一回約10分程度と見た場合・・・

1200W×約0.16時間(一日一人あたり)
※あくまで目安です。

東京電力1日:5.08円 / 月:150円
関西電力1日:4.94円 / 月:148円
中国電力1日:5.27円 / 月:158円
四国電力1日:5.18円 / 月:155円

実際計算して高すぎるという印象ではないので、髪のケアもできて性能もいいならわりに合うかなぁという感じです。

EH-NA9Gがおすすめな人は?

EH-NA9Gをオススメする人としては・・・

・いいドライヤー欲しいけど3万近くも出したくないなぁと感じる人
・そこまで髪質にこだるわけでなく、性能面が似てればいい人
・買い替え時でナノケアを使ってみようって人

上位高性能にこだわりはないけど、そこそこいいドライヤーを使いたいという方であればEH-NA9Gの商品でもありだと思います。

EH-NA0Gより劣りますがパナソニックの最新機種品なので、EH-NA9Gでもしっかりヘアケアのできるものとなっています。

EH-NA0Gがおすすめな人は?

EH-NA0Gをオススメする人としては・・・

・買うなら有名メーカーだし最新モデルがいい人
・日頃も髪のケアにつながるグッズとして使いたい人
・よくカラーリングする人
・忙しく髪を乾かすのがわずらわしいと感じる人

髪の痛む悩みなどある方には、オススメのEH-NA0G。

パワーのある風量なので、長い髪を乾かすのに時間がいつもかかるという方には時短になるのでオススメです。

値段として高めなりますが、比較した時に他のドライヤーにはない性能を持っている機種なので使ってみたくなります。

EH-NA0GとEH-NA9Gに共通する特徴は?

使うたびにナノイーによる髪の毛へうるおいを与えれること

枝毛を防ぎ、傷んだ髪をまとまりやすく仕上げてくれる効果をもたらします。

そして、

頭皮
毛先

のケアが可能となる多彩なモードが、EH-NA0GとEH-NA9Gの両製品変わらず備わっています。

【両製品のついているモード】

・60度の温風で地肌をいたわるスカルプモード
・自動で温冷風切り替えリズムモード
・肌にうるおいを与えるスキンモード

髪を乾かすだけのドライヤーではなく、色んな角度で髪をいたわる進化した機能を味わえるのがナノケア。

まとめ:EH-NA0GとEH-NA9Gの違いを比較!オススメな人はどっち?

パナソニックのナノイーのドライヤー「EH-NA0G」と「EH-NA9G」の違いについて書きました。

記事のまとめ

・EH-NA0Gは上位モデル
・EH-NA0Gの方が、高浸透でマイナスイオン度が2倍
・EH-NA0Gの方が、風量が強く、速乾性による時短が期待できる
・EH-NA0Gの方が、UVカット効果が2倍
・EH-NA0GとEH-NA9Gの搭載モードの機能は変わらない
・価格を抑えてナノケアを使ってみたい方はEH-NA9Gでもよい
・カラーが気になる方はバリエーションもチェック

両製品ともドライヤーにしてはお値段が高めですが、有名メーカーの最新機種であり高性能ですので使用してみる価値はあります。

ご自身の髪の悩みやライフスタイルで重視するポイントに合わせて選んでみてください。

【EH-NA0G】

【EH-NA9G】