メディア

鹿の王の上巻あらすじをネタバレ!映画で期待できるポイントは?

鹿の王の上巻あらすじをネタバレ!映画で期待できるポイントは?

2015年本屋大賞受賞の上橋菜穂子原作のファンタジー小説「鹿の王」

アニメ映画化が、決定となり、映画を手掛けるのは、世界的にも評価が高いアニメ「攻殻機動隊」を手掛けた、Production I.G。

同作者原作の小説「精霊の守り人」のアニメ制作にも、携わった会社です。

鹿の王の魅力

・2020年9月18日に公開予定でしたが、延期となっている期待作
・主人公が2人
・医療とファンタジーが絡み合う
・多くの謎が読み手を惹きつける
・ファンタジーのジャンルだが、魔法が使われていない
・現代の一般的な医学用語が使われていない独自の世界観
・命について考えさせられるセリフが多い

 

2021年に公開予定となっていますが、具体的な日程は不明です。

だからこそ余計に、「鹿の王」のあらすじが気になるところ。

 

どんな内容の映画になるのか、小説上巻のストーリー内容ネタバレをふまえまとめてみました。



主な登場人物の紹介

鹿の王の上巻あらすじをネタバレ!映画で期待できるポイントは?

ストーリーに登場する主な人物たちです。

主人公2人の視点でストーリーが進む

ヴァン(主人公)

かつて飛鹿(ピュイカ)を操り、「独角(どっかく)」の統領として、東乎瑠(ツオル)と戦った人物。
東乎瑠(ツオル)と戦うものの敗れ、アカファ岩塩鉱で奴隷となってしまう。
原因不明の病気で妻と息子を失っている。
角川つばさ文庫では、20歳前後の精悍な若者の姿となっています。

ユナ

岩塩鉱でヴァンが拾った名前のない1歳ほどの子。ヴァンにユナと名付けられる。
岩塩鉱で疫病が流行る中、ヴァンと共になぜか生き残った人物でヴァンに育てられ幼女まで育つ。

トマ

怪我をして動けなくなったところ、ヴァンに助けられた男。ヴァンとユナを故郷であるオキ地方へと誘います。

ホッサル(もう一人の主人公)

東乎瑠帝国で知らない人はいないほどの腕利き医術師。ヴァンが山犬に噛まれても病気が発症していないことを見抜く。金髪に近い色をした長髪の男です。

サエ

跡追い狩り人の中でも優秀な女性。マルジの娘。もう一人の主人公(ホッサル)からヴァンを探すよう頼まれ、ヴァンと出会い少しの間行動を共にする

マコウカン

ホッサルの従者。オタワルの支配層に仕える家系だが闘技場の闘士として戦う生活だった。重傷を負いホッサルに助けられ、護衛としてつく。

 

 

【鹿の王】上巻のあらすじをネタバレ!

映画は未だ公開されていませんが、原作は既に書店で売りに出されています。

映画の内容が必ずしも原作通りになるとは限らないものの、忠実なものになると予想。

そこで、原作から文庫本上巻内容を大きく4つに分けてご紹介します。

【①】:アカファ岩塩鉱の悲劇
【②】:名医術師ホッサルの登場
【➂】:つかの間の幸せと御前鷹ノ儀の悲劇
【④】:再び山犬襲撃とヴァンとユナの変化

【①】アカファ岩塩鉱の悲劇

鹿の王の上巻あらすじをネタバレ!映画で期待できるポイントは?

ある日、アカファ岩塩鉱で、奴隷・看守関係なく謎の病に襲われました。

病の原因となったのは、狼の襲撃によるもの。

故郷を守る戦いに敗れ、奴隷として働いていた主人公(ヴァン)も例外ではなく、想像以上の苦しみが襲い掛かります。

しかし、なぜかヴァンだけが助かる

ヴァンは自身を繋いでいた鎖を引きちぎり岩塩鉱を脱走します。

すると脱走途中に、子供の泣き声が聞こえました。

ヴァンは幼い子供(のちにユナと名付ける)を連れて、交易都市カザンへと向かいます。

都市カザンへの道中で出会ったのは、トマと名乗る青年

トマは足にけがを負い倒れ、さらに飛鹿をも逃がしてしまったところをヴァンに助けてもらい、逃げてしまった飛鹿も捕まえてもらいます。

・ヴァンはただの奴隷ではなく、以前は飛鹿を扱い戦士として戦っていた人物
・飛鹿(ピュイカ)は、鹿

そして3人(ヴァン、ユナ、トマ)が共に都市へ向かいます。

【②】若き天才医師ホッサルの登場

鹿の王の上巻あらすじをネタバレ!映画で期待できるポイントは?

もう一人の主人公、天才医術師ホッサルが登場

彼は、東乎瑠帝国で知らぬ人はいないほどの名医。

彼は従者であるマコウカンと共に、アカファ岩塩鉱へと向かいます。

病で倒れた人物を調べると、浮かび上がったのは黒狼熱。

黒狼熱とは

病原はダニからであり、かつて栄えたオタワル王国を壊滅に導いた恐ろしい病気。免疫を持ってないと感染する病気

さらに調査を進めると、岩塩鉱から脱走した主人公(ヴァン)の存在が明らかになりました。

ホッサルはヴァンを治療開発のヒントにするため、マコウカンと狩人のサエにヴァン捜索の命を下しました。

サエの読みは的確で、確実にヴァンに迫ります。

サエの働きにより、ヴァンはトマと共に旅をしていたこともわかりました。

あと一歩でヴァンに迫ろうという中、サエとマコウカンの前に山犬が登場。なんとか応戦するも、サエは崖から転落してしまいます。

山犬:オッサムと言われ謎の獣。死骸を掘り起こし食べる習性がある。アカファ岩塩鉱でヴァンを襲う

【➂】つかの間の幸せと御前鷹ノ儀の悲劇

鹿の王の上巻あらすじをネタバレ!映画で期待できるポイントは?

主人公:ヴァンは・・・?

幼子ユナとトマの3人はカザンへ到着し、資金や食料を調達。

そしてトマがいた集落へと向かいます。

集落は深刻な状況下にあり、病気の影響もあり働き手がありません。

そんな中でヴァンの存在は、正に救世主そのもので、ヴァンは飛鹿の育て方を教え、集落の生活に貢献しました。

ヴァンにとって集落での生活は、心に残る思い出の時間になります。

もう一人の主人公:ホッサルは・・・?

アカファで黒狼熱を治療する新薬の開発に専念していました。

ある日、アカファで行われた、御前鷹ノ儀に山犬が襲来。

出席者を襲い、大勢の人が病に倒れることになります。

病に倒れたのは免疫を持たない東乎瑠人のみ。

 

ホッサルは病に倒れた人の治療に取り掛かるも、治療薬がないためどうしようもできず、新薬開発を続けることに。

発生原因を探るために、東乎瑠の移民が住む街へ向かうが、またも山犬に襲われ、捕えられ拉致されてしまいます。

しかし、その先でユナやヴァンと会うことができます。

・ヴァンの血液サンプル
・黒狼熱の秘密の気づき

と得る物がありました。

【④】再び山犬襲撃!ヴァンとユナの身におこる変化

鹿の王の上巻あらすじをネタバレ!映画で期待できるポイントは?

ヴァンが身を寄せていた集落にも、山犬が襲撃しにきます。

ヴァンは山犬から飛鹿を守ろうとします。

すると彼の体から輝きが出て、山犬を倒していきました。

さらにヴァンが連れていた幼子ユナも、子供と思えないものすごいスピードで山犬を追いかけます。

2人の身に何が起きたのか?

ここで浮かび上がる謎

・ヴァンの体内からの光
・ユナのいきなりのスピードアップ

 

山犬襲撃から数日後、谺主(こだまぬし)の使者アッセミが訪れました。
ヴァンとユナは使者の案内を受け、谺主の元へと向かいます。

向かった先で出会ったのは、ヴァンを追って転落した狩人のサエ。

しかし、ここでも山犬が襲いに来ます。

ヴァンが戦っている間にユナがさらわれ、サエと追いかけますが戦いの負傷で気を失ってしまいます。

一方ホッサルは、オタワル領で深学院長のもとを訪れます。

そして、これまでの襲撃の事件は、誰かの企みで「火馬の民」が関係しているのではと推測していきます。

調査をするため火馬の民の領地へ向かいますがと途中で襲われて捕まってしまいます。


<下巻へ続く>



【映画】鹿の王の期待できるポイント

鹿の王の上巻あらすじをネタバレ!映画で期待できるポイントは?

「鹿の王」にまつわる情報は少なく、ファンとしては待ちきれないもの。

しかしクオリティに関しては、期待してもいい作品。

そこで「鹿の王」の期待できる点について、取り上げてみました。

【期待できるポイント①】監督を務めたのは伝説的な人物

「鹿の王」の監督を務めたのは、安藤雅司

安藤雅司とは

「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「君の名は。」といった、大ブームを巻き起こしたアニメを手掛けた人物

しかし監督としては、「鹿の王」が初めてとのこと。

「鹿の王」はスケールの大きさから、映像不可といわれた作品です。

彼の持ち味は、

徹底したリアリズム

キャラが実在していると思うほど、人の動きを忠実に表現します。

「鹿の王」はファンタジーですが、内容は特にコロナの現代社会にも通じるものです。

その辺の監督が担当すると妙な作品になるでしょうが、安藤雅司なら心配無用といえます。

【期待できるポイント②】医療×ファンタジー

「鹿の王」はありそうでなかった、医療ファンタジーもの

病気を取り扱った映画なら、珍しくもなく、ファンタジーを取り扱った映画に関しては、星の数ほどあります。

でも医療とファンタジーが一緒になった映画となると、新しさはあるのではないでしょうか。

さらに原作で取り扱っている病気は、現代医学にしっかり基づいたものです。

「鹿の王」では現代医学の言葉がほぼ使われていない

病素
弱毒薬
抗病素薬
抗病素体

など、現代の医学関連用語でいえば、病因、予防接種、抗生物質、血清などと似た言葉かなと思う用語が使われています。

RPGゲームに出てきそうな言葉を舞台のファンタジーに織り交ぜながら、現代仕様とドラマチックな不思議な世界観となっています。

まとめ:【映画】鹿の王のあらすじをネタバレ!

映画「鹿の王」まとめ

・医療×ファンタジーという新鮮さのある作品
・主人公2人の視点で展開するストーリー
・監督は「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」などを手掛けた人物
・現代医学用語ではなくファンタジーになじむ医学用語が使われている

原作は児童文学のため、子供向けの内容になっていると大人は思われるでしょうが、あなどれません。

 

物語に登場する国家・文明は、実在しているかのように克明に記され、また日常生活を送る人々の様子も、丁寧に取り扱われています。

 

映画原作はファンタジーですが、魔法の類が一切出てこないのも見どころです。

死んだ人が蘇ることもなく、怪我や病気をすれば生命の危機に瀕します。

だからこそ物語に嘘がなく、大勢の人を引き込むのです。