メディア

相葉雅紀の肺気胸とは?いつ病気だった?現在が心配

相葉雅紀の肺気胸とは?いつ病気だった?現在が心配

コロナが芸能界でも広がる中、ファンの間では嵐の相葉雅紀さんの健康が心配されています。

それには、相葉雅紀さんが過去に肺気胸を患った経験があるからです。

未だにタレントの志村けんが去ってしまったことが悔やまれる中、番組「志村どうぶつ園」で濃厚接触の可能性があったとされる人物でもあります。

相葉雅紀さんが患ったこがある肺気胸とはなにか、現在は大丈夫なのか探ってみました。

相葉雅紀が経験した肺気胸って?

相葉雅紀さんは2002年の19歳の時に、肺気胸(はいききょう)を患った過去があります。

肺気胸とは・・・
肺に穴があき空気が漏れ、タイヤがパンクしたようにしぼむため、胸痛、咳や息切れなどが生じる病気です。
若くて背が高く痩せ型の男性に起こりやすい。

この肺気胸は別名イケメン病とも言われています。

右側の肺が気胸になってしまい、全治1か月の診断を受け入院。

手術も受け奇跡的に5日で退院をができたそうです。

その時の手術は、肺が通常より40パーセントしぼんでしまったため右胸を切開する手術でした。

しかし、医師からは「激しく運動はできなくなってしまうかもしれない」と言われたこともあり、相葉雅紀さんは嵐に戻れないかもと考えていた時期もあると明かしています。

順調な回復をしていたのですが、2011年28歳の時に再び次は左側の気胸で再発してしまっています。

コロナは持病があったり、喫煙で肺に影響を与えてる人は重症化してしまうデーターが発表されてるので、嵐の相葉さんが気になります。

昔からファンの方は、相葉雅紀さんの事情をしっているので今回の状況で健康が心配されています。

現在の相葉雅紀は?

過去2度の気胸の経験をした相葉雅紀さんですが、現在まで再発はないようです。

ただ気胸は激しい運動で再発もするので、相葉さんも医師からは注意するよう言われているそうです。

嵐として踊ったりするので激しい運動の時の再発が気になるところです。

さらに11年6月に今度は左肺にも気胸が発症した。それ以来、「健康第一」だと考えて、現在は野菜や発酵食物を多く取ったり、体力を付けるために自宅で腕立て伏せや腹筋を欠かさないなど、再発防止のために「自分にできる限り」努力を欠かさないという。

                        引用:エンタメRBB

現在の相葉雅紀さんは、自身の健康管理をされているということで、安心しました。

ネットの反応は?

コロナは潜伏期間もあり、芸能界でも広がりをみせつつあるので、相葉雅紀さんも心配な存在の一つでもあります。

2021年からは嵐の解散後に相葉雅紀さん一人として活動されるので体を大事に活躍してほしいです。