ガジェット

新switchと従来型の違いは?性能アップも微妙で買う必要なし!?

新switchと従来型の違いは?性能アップも微妙で買う必要なし!?

2021年10月8日発売される新型の任天堂switch。

有機ELディスプレイが搭載されパワーアップして登場します。

しかし、従来型を既に持っている人は、また買うべきか悩みどころですよね。

従来型も今だに人気で売れているところですが、新型になると何が違うのか特徴や性能をまとめてみました。

新型SWITCHで変わった特徴とは?

新switchと従来型の違いは?性能アップも微妙で買う必要なし!?

新型のポイント

・有機ELディスプレイで鮮やかさアップ
・画面サイズが7.0インチに
・約30gほど重くなった
・値段が約5000円高い
・本体メモリーが64GBにアップ
・搭載スピーカーが一新
・従来モデルの背面USB端子がひとつなくなり、新型では有線LAN端子を搭載
・背面スタンドの角度が無段階で調節できる

大きな特徴①:ディスプレイがパワーアップ

新型の一番の特徴ともいえるのが有機ELディスプレイ。

有機ELディスプレイにしたことで、画面周りのフチ幅が細くなり、
同じ本体サイズ感でも画面に迫力がでてゲームを楽しめます。

【従来型と比較】

新型
switch
7.0インチ
従来型switch6.2インチ
Switch Lite5.5インチ

:携帯モード時の表示解像度は従来型と変わらず。

液晶ディスプレイでは、バックライトの光が漏れて完全な黒の表現は難しく、コントラストは弱くなるが、有機ディスプレイは、しっかりした黒とコントラストの高い鮮やかな映像が出せる。

大きな特徴②:背面に有線LAN端子を搭載

従来モデルの背面にあったUSB端子がひとつなくなり、新型モデル背面では有線LAN端子を搭載しています。

  • 新型SWITCHUSB端子×2、HDMI端子、有線LAN端子
    従来型SWITCHUSB端子×3、HDMI端子

有線LAN端子によって安定的な接続が可能になります。

動きのあるオンラインゲームには重宝する部分ではありますが、従来型SWITCHでも別売りUSBケーブルで補えるので微妙なところです。

大きな特徴③:内部ストレージが64GB

従来型が32GBなので2倍のアップとなっています。

しかしMAX64GB使えるわけではなく正確にはシステム領域でいくらか削られます。

本体メモリは自分でもマイクロSDでも拡張できるので微妙なところです。

大きな特徴④:背面スタンドの角度が自由に

テーブルモードの時の背面スタンドが「フリーストップ式」になりました。

見やすい角度で画面を固定できるようになっています。

よく複数人で遊ぶ人にとっては見やすい調整ができて便利なポイントです。

従来型ユーザーやみんなの声

新型SWICTHの性能を見ると画面以外にあまりメリットがなさそうというのが印象です。

ネットでの声を調べてまとめてみました。

不評派の意見

・据え置きプレイしかしない人は、意味ない
・CPU、GPU、主記憶の性能向上でなければ、マイナーチェンジ版にすぎない
・4K対応してほしかった
・コントローラーの改善がしてほしかった

好評派の意見

・やっぱり有機ディスプレイはキレイ
・有線LANや容量が増えてるのがイイ
・そもそも新規者向けでもあるから別に関係ないのでは。
・カラーがかっこいい

ヤフーの調査でも特にいらないといった意見が6割だそうです。

ただ、評価しているのが既に持っている人達であれば、あまり必要性がない意見なってしまいます。

今回を機会に初めてSWICTHを買うという人であれば、画面もキレイだし容量も2倍だしと好評にみえてくるかもしれません。

持ってる人、これから買いたい人で意見も分かれているようにも見えます。

従来型では転売の品薄問題もありました。

新型発表と出しつつメーカーが対策も兼ねた戦略であれば、

欲しい人にとって微妙なパワーアップの新型SWITCHは上手い戦略ではないでしょうか。